ここから読み上げブラウザ用のメニューです

読み上げ版へ

読み上げ版ニュースへ

読み上げブラウザ用のメニューの終わりです















19世紀のビーダーマイヤー時代は、のちにウィーン・スタイルと呼ばれる様式が確立した時代でもあります。シューベルトやシュトラウスなどが活躍したのもこの時代で、宮廷文化への憧れがありながらも、市民層が持つ軽快で明るい要素も取り入れられました。表面にちりばめられたバラの小花が、白磁の美しさを引き立たせます。
「アウガルテン 陶磁器商品のご購入に関するお願い」
アウガルテンの商品は、熟練した職人により昔ながらの技法で手作りにより一つずつ製作されております。つきましてはHP上でご紹介しております商品とお届けする商品の絵柄は多少異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。
(※イヤープレートに描かれているモチーフは手描きではなく、転写です。)
在庫切れになりました場合、制作にお時間を頂戴いたします。お届けまでに3~6ヶ月ほど頂く場合がございます。予めご了承くださいませ。
「バックスタンプについて」
バックスタンプのデザインは製造時期により商品画像と異なる場合がございます。
【ノーブルトレーダース 株式会社は、ウィーン磁器工房アウガルテンの日本総代理店です。】
1718年ハプスブルク家が全盛を誇った時代にウィーン磁器工房は誕生しました。アウガルテン窯の始まりです。ここは世界で初めてコーヒーカップを磁器で作った窯でもあります。
1744年には、女帝マリア・テレジアによってハプスブルグ皇室直属の窯に命じられ、以来、「インペリアル ウィーン磁器工房」としてこの工房で作られる全商品には、ハプスブルク家の紋章である横2本の盾が、商標として焼き付けられています。この時代にフランスを代表とする画家ワトーが描くロココ調の風景画や、磁器製の人形が盛んに製作され、今日でもこれらウィーン磁器工房のロココ調磁器は、収集家に大変珍重されています。
この時代に誕生した代表的な絵柄のひとつに 「マリア・テレジア」 があります。マリア・テレジアの狩猟の館であったアウガルテン宮殿のディナーセットとして、女帝への敬意を込めて贈られたもの。18世紀狩猟のシンボルであった、もみの木の色だけで彩色された優美な花柄は現在でも高い人気を誇っています。
その後もアウガルテンは皇族、貴族のために磁器を焼き続け、24金の金粉を液体に溶かして磁器に塗る新しい技法などを次々と生み出し、18世紀後半には 「技術と品質で世界一」 という名声を得たのです。ハプスブルク家の衰退とともに、1864年から約60年の間一時休窯となったアウガルテンですが、1924年かつてのマリア・テレジアの狩猟の館であるアウガルテン宮殿に工房を移し、名称もウィーン磁器工房アウガルテンと改めてよみがえりました。
今でも、製品のすべてが熟練した職人によって昔ながらの手作りにより製作されているため、生産量は限られています。しかし優しい輝きを放つ絵柄、温かみのある白磁、しっとりなじむフォルムは、一途なこだわりがあるからこそ守られている「アウガルテンの生命」なのです。

ギフト対応ラッピング選択可のし記名可

商品詳細
ブランドアウガルテン(オーストリア)
シリーズスキャタードローズ
アイテムオブジェ
サイズ直径6×高さ8cm
金額詳細
価格
25,920円(税込)
ブランドボックスはありません。
※商品名にプレート立て付などの表記がない場合は、付属品は別売となります。
※商品の価格は実店舗と異なる場合があります。
※販売価格は予告なく変更される場合がございます。




関連キーワード:
スキャタードローズ 置物 オブジェ インテリア

全国のNHK

(AUGARTEN) スキャタードローズ(5009) エッグボックススタンド 8cm(606)【楽ギフ_包装選択】 置物 オブジェ インテリア アウガルテン-置物



(AUGARTEN) スキャタードローズ(5009) エッグボックススタンド 8cm(606)【楽ギフ_包装選択】 置物 オブジェ インテリア アウガルテン-置物

もっと見る

(AUGARTEN) スキャタードローズ(5009) エッグボックススタンド 8cm(606)【楽ギフ_包装選択】 置物 オブジェ インテリア アウガルテン-置物

  • イベント・観覧募集一覧

表示/非表示

読み上げブラウザ用メニューに戻ります

地域設定

よくご覧になる地域を選択してください。
選択した地域の「番組表」「ただいま放送中」「各地のニュース」が自動的に表示されます。

現在設定中の地域 :東京 (首都圏放送センター)

項目ごとに設定する 各地のニュース
ただいま放送中